[Smap] Kimura’s being bully when young (by his mum)

国民的スターとしてトップを走り続けるキムタクこと木村拓哉(34)。そんな彼が過去にイジメにあっていたことを、キムタクの実母である木村まさ子さんが明かした…

今年5月、まさ子さんが自伝「育みはぐくまれ」を出版。この著書の中でキムタクは高校時代にイジメに遭っていたことを明かされている。
(以下引用)
まさ子さんが“異変”に気がついたのは、息子の制服の汚れがきっかけだったという。
≪制服の汚れ方が妙なのです。どうしてこんなところに泥がついているのと、首を傾げました。ボタンが取れ、ポケットが破れていることもあります≫(≪≫は著書そのまま、以下同文)
考えてみると「行ってきます」もいわなくなっていたことに気づく。
そしてある日、木村がなかなか学校へ行こうとしないときがあった。まさ子さんはこう声かけた。
「今日は学校に行かなくていいから、家を出たら海のほうに行きなさい。そこで時間をつぶして7時30分になったら、家に戻っていらっしゃい」
出勤前の父親に知られないようにとの配慮だったが、帰ってきた木村と向き合い、まさ子さんは重い口を開かせることに成功する。そこで初めてわが子が抱える問題を知ったという。
≪俺がやられるだけならまだ我慢もできる。でも、友達まで呼び出されて、ボコボコにされるのを黙って見てるわけにはいかないんだ≫
木村自身も待ち伏せされたのは一度や二度ではなかったという。
もちろん、そんなことをするのはごく一部の人間だったが、当時すでにアイドルとして人気が出始めていた木村が反撃できないのを見越した卑怯な手口だった。ホットペッパー

まさ子さんは木村が小さいときから世話になっていた剣道の先生(本職は刑事)にすぐさま相談した。学校へも相談に訪れ、今後は待ち伏せを避けるために登下校は車で送り迎えすることを告げた。
その間も見知らぬ男の声で、自宅に電話がはいる。
「弟はたしか小学生だったよな、そいつがどうなってもいいのか」「これから火をつけに行くから」
送り迎えの車の運転中、バイクに乗った少年に追い回されたこともあったという。
(引用「女性セブン」7/5号より)
結局、芸能活動が忙しくなったこともあり、翌年、高校2年生で、木村は都内の高校へ転校することになるのだが、まさ子さんはどんなに脅されても命がけで息子をガードする姿勢は崩さなかったという。
キムタクが学生時代にやっかみや嫌がらせを受けていたとは初めて知りました。
今ほど有名になると人が寄ってくるかもしれませんが、テレビに出始めの頃などは学生で目立つと嫉妬で嫌がらせに遭ったりすることがあるでしょうね・・・。
キムタク自身が家族や兄弟について口を割らないのは、昔自分の友人がやられた経験から、周囲に迷惑をかけたくないと思っているのかも・・・。

Kimura Mum – Masako’s Bio talk about Kimura being in high school bully.
Masako’s notice something changes, Kimura uniform is so dirty. (Its full of mud everywhere) After thinking a bit, Masako decided to go with his song back school everyday. After talking to Kimura’s father they both try to take him home in turn everyday. Masako thinks: “is because he started to become an Idol and being popular.

I don’t really know, but I think a lot of Artist (including Johnny’s) if they are not in those Idol school (Where Yamapi, Tsuyoshi they graduate in) they sometime faces so bully… I remember Kochan said when he was young and just moved to Tokyo, as his father insist him no in those Idol school but in private school, he is not in the school where there is a lot of Idols… So somehow some boys like to attack him (well he didn’t say that but somehow around that line) that’s why he didn’t have a lot of friends in his high school not only in Tokyo but also in his old home. Cause when he start Junior high School he already started to be famous…

Advertisements

2 Responses

  1. Eh? poor Kimura, Koichi mo.
    Thank you for the translation~

    =)

  2. to Ryo,
    Yes… poor kimura … but then may be that’s why he was always either him or his wife taking children to school and back from school… may be that’s why. He just want to protect his daughters not to be hurt just because he is a famous people =)

    ~Nana~

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s