[V6] End of “gakkou e Ikou” after 11th Years

V6の「学校へ行こう!」11年の歴史に幕

TBS系バラエティー「学校へ行こう!MAX」(火曜後7・56)が9月に終了することが20日、分かった。人気グループ、V6がデビュー3年目から 11年にわたって出演し、司会のみのもんた(63)らと「学校情報バラエティー」という新ジャンルを築いた人気番組。V6は今回の“卒業”を受けて、新た な時間帯で大人のバラエティー番組をスタートさせる。

「学校へ行こう!」としてスタートして以来、V6の“成長”の場となってきたバラエティー番組。この秋、11年の歴史に幕を下ろす。

平成9年10月に木曜7時枠で放送開始。11年4月に現在の時間帯に移行してから、一気に「TBSバラエティーの顔」へ躍進した。V6のメンバーが実際に 全国の学校を訪問し、個性の強い先生や生徒を紹介。屋上で生徒たちが胸の内を絶叫するコーナー「未成年の主張」は、恒例の愛の告白などで中・高生の話題を 集めた。

スタジオでは司会のみのや渡辺満里奈(37)らレギュラー出演者と爆笑トークを展開し、一時期は視聴率20%台を誇っていた。 17年4月の「学校へ行こう!MAX」にリニューアル後も安定した人気を保っていたが、最近は視聴率が1ケタと低迷。火曜日は午後6時55分から4本のバ ラエティー番組が続く同局の編成上の理由もあり、10月改編で“卒業”が決まった。後番組は未定。

一方、10月からは別の放送時間帯で、V6の新バラエティー番組がスタートする。「学生から大人へのステップアップ」が基本コンセプトだ。

メンバーを代表して、井ノ原快彦(32)は「11年間お世話になった『学校へ行こう』を卒業することになりました。右も左もわからない僕たちV6を、ここ まで育ててくれたみのもんたさんを始めとする皆さんに心から感謝しております。これまで、番組に教えていただいたことを胸に、新番組では新しい大人のV6 を探していこうと思います」とコメントを寄せた。

「学校-」ではファンへの感謝を込めて、最終回とその前週の2回連続で2時間スペシャルを放送。最後に番組の歴史を振り返り、次のステップへと羽ばたく。

[Sanspo]

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s