[KAT-TUN] Akanishi Jin’s Movie “Bandage” on air!

赤西仁アジア進出 KAT―TUNお先に!…初主演

「BANDAGE」韓国&台湾公開へ

KAT―TUNの赤西仁(25)の初主演映画「BANDAGE バンデイジ」(小林武史監督)が16日、初日を迎え、韓国、台湾で公開されること が発表された。韓国からは同作のドラマ化のオファーも届くなど、赤西人気はアジアでも絶大。海外公演は未経験のグループより先に、アジアへ本格進出する。 この日は、ヒロインの北乃きい(18)らと東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで舞台あいさつを行った。

赤西が映画初出演、初主演作でアジア進出する。決め手になったのは、国内に負けず劣らずの赤西の人気だ。

韓国と台湾では、KAT―TUNの亀梨和也(23)と出演した日テレ系「ごくせん」(05年)が放送され、高視聴率を獲得。その後は日本でのドーム公演に現地から多数のファンが詰めかけている。

東宝によると韓国、台湾での公開時期は現段階で未定ながら、更なる海外公開の拡大を目指し、ほかのアジア地域や欧州諸国とも交渉を続けているという。

韓国からは、すでにドラマ化のオファーも届いている。今作は岩井俊二監督(46)が製作・脚本・プロデュースを担当。岩井監督の95年の映画 「Love Letter」(中山美穂、豊川悦司主演)は韓国で150万人動員と邦画では空前のヒットとなり、06年のプロデュース作「虹の女神」(06 年、熊澤尚人監督)がドラマ化されるなど岩井人気は絶大。ドラマの製作会社は非公表ながら、「岩井監督の脚本なら」と“買い注文”があった。現地のバンド ブームも追い風となった。

同作はバンドブームの1990年代、バンド「LANDS(ランズ)」を組み、音楽に青春をかけた若者たちを描く。赤西はバンドのボーカル・ナツ役を演じている。

全国214スクリーンで封切られ、興収20億円を見込める好スタート。舞台あいさつでは普段より緊張した様子の赤西だが、満員の拍手に迎えられ 「本当に、本当にありがとうございました。皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです」とあいさつ。「ワイワイやっていた。和気あいあいとした現場で、楽しく 撮影をすることができました」と笑顔で振り返った。

[Yomiuri]

KAT-TUN Akanishi Jin leading movie “Bandage” opens on 16th Jan in Tokyo. Movie right have been bought in Korea and Taiwan and schedule to be showing soon.

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s